A:

日本国内の場合、ごく一部を除き、公的救助機関が救助に出る場合は、救助行為やヘリコプター運用にお金はかかりません。ただし、スキー場などのリフトやゴンドラ、照明設備を時間外に使用して救助にあたった場合は、その実費が運行会社から請求されます。また、救助中に救助用品を破損したり再使用できなくしてしまった場合(寝袋への失禁など)、実費請求されることも稀にあります。

民間の救助隊員さんが出動された場合は、お金がかかるのが一般的です。隊員の日当、隊員数、捜索日数、食事や移動の経費などになります。

公的救助が無料であることは、日本の国が、国民の命を守ることを職務として公務員に義務付け,税金を使っているからです。しかし、救助活動にはリスクを伴うものの、隊員はわずかな危険手当を支給されるだけで、1人を救うために、複数の隊員がそのリスクに曝されます。登山は誰に強要されるわけでなく、自らの意思で行う活動です。救助活動時には、救助者の安全が最優先されます。隊員が身を犠牲にして救助する事はあってはならないですし、遭難者は、救助者が安全な範囲でしか助けてもらえない、という事を理解したいものです。

山岳救助には、人員、装備、技術、資金など必要とされるものが多いのですが、限られた組織体制の中では、他の職務や任務があり、できることには制限がかかる場合や、地域差が生じることがあります。
登山者は、自分が選んで登る山域の救助体制を受け入れた上で、山に入りましょう。
今後も多くの人を助ける隊員が死んではいけません。

A:

いざ、1人で手に負えないという状況になったら、速やかに110番、あるいは119番に電話しましょう。どちらでも構いません。ためらって救助要請が遅れ、日が暮れてしまうと、救助に来れなくなることもあります。山の中で、1日遅れると、命取りになることがあります。ここは腹をくくって助けを呼びましょう。

救助隊の方に、どのように伝えるのが良いのかを教えてもらいました。ご紹介します。

1.「山岳遭難です」と最初に言いましょう。
電話に出る人は、街の交通事故や事件や病気を扱うことが殆どです。山岳遭難は割合としては少ないので、最初に主旨を伝えてしまいましょう。どんどん携帯のバッテリーが減りますから、要点が重要です。

2.「場所」を伝えます。
途中で電波状況が悪いと、通信ができなくなりますが、場所さえ伝えておけば、より早く探してもらえます。最近の携帯電話はGPS情報を伝えてくれますが、エリアの精度が高くない場合や、通信状態が悪い場合には、おおよその位置しか伝わらないことがあります。
110番は敷居が高くて、家族や友達に連絡してしまう、ということがあります。家族からの救助要請の場合、遭難者のいる場所を特定できませんから、探すのに時間がかかってしまいます。
3.バッテリー温存
携帯電話などは、バッテリーを温存するため、余計な電話はかけないようにしましょう。通信は命綱です。家族への連絡は警察に任せ、あちこち連絡せずに待ちましょう。また、冷えるとバッテリーが消耗するので、胸やお腹に入れて温めておきましょう。
A:

雪崩埋没してしまった場合の死因は、窒息、外傷、低体温症になります。
それぞれの頻度をみますと、窒息が全体の75〜94.6%を占め、次に外傷死が5.4〜23.5%、低体温症による死亡は実は少なく1%程度である、とヨーロッパと北米から報告されています。
私の調査した本邦の死因も同様の結果を示しています(論文投稿中)。
雪崩で埋没してしまった人の生存の割合は、時間とともに低下します。この低下の仕方に注目したいのですが、生存の割合は直線的に下がるのでなく、最初の35分までに、大きく低下するのが特徴です。欧州では35分までに34%は生存する(2001年Hermann)と報告したのに対し、カナダでは35分で7%しか生存していない(2011年Pascal)という衝撃のデータが出ました。
理由は、急激に起こった窒息、顔のまわりが雪で囲まれ呼吸をする空気のスペース(エアポケット)がない、重篤な怪我を負うこと、によります。
雪崩は何トンという雪のブロックが流れます。時速数十~200kmもの高速で流れ落ちて来る雪のブロックに、自分も一緒に流されるのです。雪のブロックというより、解けては凍って踏みつぶされた氷の塊、と言った方が、イメージし易いでしょう。この氷の塊にぶつかったり、木に殴りつけられたり、塊の下敷きになったら、大きな外傷を受ける可能性が大きくなります。

最近の報告では、雪の密度が大きい海岸地方のような地域では、内陸よりも死亡率が高くなる、とされています。これは、雪の密度が高い方が窒息と外傷の発生を高めるとされています。以上を考慮すると、地域差のみならず、季節によっても崩れてくる雪の性質には違いがありますので、死亡率の割合を左右するかもしれません。

窒息、外傷による急激な死亡に対し、低体温症死はもう少し時間がかかって進みます。窒息と外傷を免れて、雪崩に埋もれた人は、体温の低下が進んでいきます。人の体温低下は最高で1時間に9℃低下する、とこれまでの事例から報告されています。低体温症が著しく進行し、救出が遅れた場合は、死に至りますが、実は、低体温症が早く進行したが故に、身体の酸素消費が減り、雪の中の窒息ギリギリの酸素の量で生きながらえた事例もあります。

A:

低体温症を初期段階で改善できなかった場合、蘇生を可能にするタイミングは、現場での救助と病院医療との2つに分けて考えます。現場での救助は、病院に到着までの搬送中の対応も含みます。

低体温症は、高血圧などのように多い病気ではありませんので、病院にいても医師として遭遇する機会は限られており、意識が低下するほど悪化した低体温症の救命は、高度な医療機関でも困難な課題です。

一方、山で遭遇する低体温症は、病院のように医療機器がなく、厳しい環境のことが多く、これまでは山の中で低体温症を改善することは、非常に難しいことでした。しかし、海外では科学に基づいた研究などが報告されており、日本では救助隊の皆さんと医学に基づいた実験を山の中で行ったり(注意:人体実験ではありません)、訓練で検証してもらったり、生存救助をするための応急処置を構築してきました。そして、低体温症ラッピングができました(ラッピングの説明へ飛ぶ)。さらにこの原理を発展させた救助方法を構築しています。

現在、実際の救助活動を通して本当に助かる命を救えるようになってきました。何より、あと半日遅れたら助からない生命を救うために、救助隊が熱意を持って、極寒状態でも救助に行ける体力と技術を鍛錬されたお陰です。低体温症救助の進歩は、目覚ましいものがあります。

最近、低体温症にプラティパス湯たんぽを使用することが随分普及されてきました。これは、ラッピングを開発当時の救助指導官の方に、低体温症の人を加温する医学的なメカニズムを説明したところ、翌日の訓練で考案された素晴らしい知恵に基づく方法です。こういう方法を、一般登山者がもっと身近に活用できるように普及に励んでいます。低体温症を救うのは、救助隊である前に、登山者自身なのです。

最近心配していることは、間違った知識や断片的な受け売りの拡散を見かけることです。ぜひ、正しい知識で、自分や仲間の命を守ってほしいと思います。

低体温症は、予防ができ、本来助かる病気なんです!

A:

人の脳や内臓の温度のことを深部体温と呼びますが、おおよそ37.5℃程度あり、一定に保たれています。深部体温というとイメージが湧きにくい場合は、脳や内臓の温度、と考えると比較的理解しやすいと思います。低体温症とは、脳や内臓の温度を一定に保てなくなり35℃以下になった状態です。わずか2℃下がっただけ、と思うかもしれませんが、人の体は、狭い範囲の温度変化にしか本来耐えられません。熱が出て40℃になった時のことを考えると、35℃も体にとって尋常でない負担がかかっていることが想像できそうですね。
内臓の温度が下がらないために、人の体は、まず体の表面や皮膚を巡る血液を減らします。このため表面はとても冷たくなりますが、内臓の温度が逃げないように働きます。全力投球で内臓を守ろうとしますが、それでも体温が上げられず、内臓の温度が35℃を下回ると低体温症になり、体の機能が低下します。
脳が冷えると、興奮したり眠くなったりと意識が正常ではなくなり、進行すると意識がなくなります。心臓が冷えると不整脈が起こったり心臓が止まることもあります。
低体温症は内臓の温度が35℃を下回る病気と聞くと、体温がわからなければ何もできないかと言うと、現場ではそんなことはありません。野外では、なかなか正確に内臓温度は測れませんし、同じ28℃と言っても意識の無い人もいればある人もいます。体温を測ったり想定できないと低体温症の対応ができない、ということではありません。最近は、低体温症を見たことない人が、難しい説明をして、一般の人の理解を難しくしてしまっているように思います。
意識を失い、体が凍結している場合は、低体温症を想像するのは難しくはありません。本当に大切で難しいのは、最初の段階で低体温症を疑えるかどうか、ということです。極寒の地ならすぐにイメージできるのですが、夏の登山で昼間汗をかいて、夕方道に迷っているうちに低体温症になる、ということが容易に想像できるでしょうか?
私は、御嶽山の噴火災害で、発災翌日、救助隊が活動する映像から、低体温症が発生することを危惧しました。そして、その後の調査で、実際に低体温症が発生していました。
早い段階で低体温症を疑うには、経験、知識、想像力が必要ですが、難しい説明より、実際どんな状態でどうなったのか、という具体的な話を聞いていただき、そこから学んで行くことが一番の近道だと思っています。
※低体温症を事例から学ぶ講習会はこちらから。講習会の案内へ

A:

高山病は酸素が少ないことが原因なのでなく、少ない酸素に慣れていないことが原因です。一時的に酸素を吸っても、酸素が少ないことに体が慣れるわけではありません。もう、おわかりですね。えっ、わからない?では「Q.高山病はどんな病気?」を読んで下さいね。
以前、富士山の8合目で座り込んで、酸素缶を吸っている登山者に会いました。酸素缶をずーーーっと吸いながら登山すると言って、ザックに酸素缶を10本以上持っていました。登りたいけど、少しでも苦しいのは嫌だ、というのはわからなくもありませんが、酸素缶を吸っていても苦しそうでした。酸素缶登山は一見可能なようですが、この方法に潜むデメリットを考えてみましょう。天気が悪くなると、行動に時間がかかります。さらに寒くなると体温を上げるのに体は酸素を多く使います。このように、高いところで天気が悪くなった場合、酸素の予備が足りなくなった!というのが一番怖いです。酸素の少ない環境に体が適応していないので、酸素缶が切れると、一気に高山病が悪化します。では、酸素がなくなったら下山すれば大丈夫、と思っている方・・突然酸素の少ない空気を吸うことになりますから、高山病になる可能性があります。
食べる酸素は有効でしょうか?
高山病を解決するために、胃や腸から酸素が吸収されて、全身に酸素を沢山送る、ということはありません。食べる酸素の効果は高山病対策としては期待できません。
繰返しますが、高山病は酸素不足が原因ではありません。酸素不足に体が慣れていない(慣れる時間が足りない)ことが原因です。

A:

ダイアモックスⓇは、急性高山病の薬として知られてきています。このため、海外の高い山に行く人から良く問い合わせを受けますが、最近は富士登山でも使われることが増えてきました。
ダイアモックスⓇは、予防に効果があるとされ、高い山の登頂を目指す人や、高い山に登山者を引率する方の関心が高いようです。しかし、実際にはちょっとニュアンスが異なります。ダイアモックスは、高山病の予防薬というより、「高度順応を早める薬」 と考えてください。
では、万能ですか?いえ、万能ではないのです。
ダイアモックスを飲んでいても、高山病になる人もいますし、副作用で体調を崩す人もいます。
では治療薬としてはどうでしょうか。ダイアモックスⓇは高山病、その重症型の脳浮腫の治療薬にあげられますが、特効薬のような効き目は乏しく、有効なのは軽い急性高山病の初期症状だけです。重症化して命に関わる高地肺水腫や高地脳浮腫などには効き目は見込めません。

ダイアモックスⓇを使う前に、まず、「高度順応」の仕組みを知りましょう。
順調な高度順応とは、標高が高い場所では、呼吸をたくさんして、尿をたくさん出すことです。
さて、どういうことかと言うと、標高が高くなり酸素が薄くなってくると、人の体は酸素を沢山吸うために、呼吸の回数が増えます。これにより酸素を沢山取り込めるのですが、同時に吐く息から二酸化炭素がどんどん出て行きます。こうして体内から二酸化炭素が減ってしまうと、体はアルカリに傾きます。それを元に戻すためには余分なアルカリを身体から出そうとします。どこから出すかというと、尿からです。高度順応の基本は、呼吸をたくさんして、尿をたくさん出す、というメカニズムがこれで理解できました。例えば、エベレストのベースキャンプ(標高5300m)では、睡眠中に尿が2リットルも出ます。何度も目を覚ましては用を足します。これは面倒なようですが、順応している良い証拠なのです。
ここでダイアモックスⓇに話を戻しましょう。ダイアモックスⓇは、尿にアルカリ成分を排泄するという特徴的な利尿薬です。ダイアモックスⓇを内服すると、アルカリ尿が出るようになります。人の体はもともと中性ですから、アルカリが不足して酸性に傾こうとすると、これを中性に戻すために、吐く息から二酸化炭素を出そうと、呼吸の回数を増やします。先ほど説明した本来の高度順応の、逆の手順になります。吐く息から出て行く二酸化炭素と、尿から排泄されるアルカリは、シーソーの関係にあって、シーソーをいつも平衡にしようとするのが、高度順応の反応と言えますね。さらに、ダイアモックスⓇは、呼吸を直接刺激する、という報告も出ていますので、高所順応にはやはり有効と言えそうです。
しかし!!!ダイアモックスⓇの最大の副作用は、利尿作用による脱水です。高所の2大病は、「高山病」と「脱水症」です。高所登山は、ダイアモックスⓇとは別に、脱水を起こしやすいのです。これは、登山中は呼吸の回数が増えるため吐く息から水分がどんどん蒸発していること、高所の乾燥した環境では水分が逃げていくこと、トイレを我慢して水を飲まないこと、水が重いのであまり持ち歩かないこと、など、理由が重なってきます。もともと脱水になりやすい所に、利尿剤を内服することは、脱水状態を助長することになるのです。脱水は、高山病を悪化させますので、結果として副作用で体調を崩し、登山を断念する人もいます。
もう一つ!ダイアモックスⓇの内服中は、高所でパフォーマンスが低下することが報告されています。つまり、酸素の少なさに適応しても、パフォーマンスが落ちるので、高所での活動能力が維持できるわけではないのです。
では、どんな人がダイアモックスⓇを使うのでしょうか。
最も必要とされるのは、御嶽山の噴火災害のように、急に標高を上げて任務遂行をしなくてはならない状況での救助隊員の選択肢といえます。
さらに、厚生労働省から高山病には保険適用を受けていない薬ですので、保険では処方されません。
結論:高所は、登り方、戦略次第で、薬要らずで登れるのです。

A:

標高が高くなると気圧が下がり、大気中の酸素が少なくなります。高山病とは、酸素が少ない環境に、体が適応できないために頭痛、吐き気、だるさ、めまい、眠気といった症状が出る病気です。
高山病はひどくなると、脳や肺がむくみ、高地脳浮腫・高地肺水腫という死に至る状態に陥ります。また、まだ軽いと思っていても、一気に悪化し、一刻も早く下山して病院に行かないと死んでしまうことがあります。高山病は、油断できない病気なのです。
では、どのくらい高い場所から高山病になるのでしょうか?一般に高山病は標高2000m以上、多くは2,500m以上で発症します。しかし、いわゆる「高所」とは、標高が1,500m以上を指します。思ったより低いなーと思いませんか?これは、標高1,500m以上になるとヒトの体は酸素の少ない環境に適応しようという働きが始まるからです。標高1,500m以上となるとかなり身近ですね。多くの方が、知らないうちにプチ順応を行なったことがあると言えます。この順応のための主な働きが「低酸素換気応答」と呼ばれるもので、酸素を沢山取り込もうと無意識に呼吸の回数が増えるものです。
私たちの体は、素晴らしい適応能力を持っているんですね。

では、そんな体の機能があるのに、なぜ高山病になるのでしょうか。

①“酸素が少ないから高山病になる”、は間違い。
それはとてもシンプルな理由です。その素晴らしい適応能力が発揮される前に、どんどん標高を上げてしまうから高山病になるのです。そう、適応能力が発揮されるのには時間が必要なのです。つまり、「早く登りすぎる」ことが原因です。

②“酸素が少ないことに慣れていないから高山病になる”、が正解
聡明な皆様は、①が間違いで、②が正解であることに、合点がいったのではないでしょうか。皆さんの体の素晴らしい能力を、存分に発揮させる為に、ゆっくり登る登山をしましょう。

極高所とは5,800m以上のことを呼び、人が順応できない標高、とされています。中には、体質的に2000mでも高山病を起こしてしまうことがありますが、多くの場合は、ゆっくり登れば、5,000mまでは、薬も酸素もなく、ヒトは順応できるのです。つまり、高山病になり易い標高2500m以上の場所に行ってから気をつけるのでなく、標高が高い場所に行く場合は、もっと低いところから注意する必要があると言えます。

カテゴリー

  • 全カテゴリー