高山病てどんな病気?

標高が高くなると気圧が下がり、大気中の酸素が少なくなります。高山病とは、酸素が少ない環境に、体が適応できないために頭痛、吐き気、だるさ、めまい、眠気といった症状が出る病気です。
高山病はひどくなると、脳や肺がむくみ、高地脳浮腫・高地肺水腫という死に至る状態に陥ります。また、まだ軽いと思っていても、一気に悪化し、一刻も早く下山して病院に行かないと死んでしまうことがあります。高山病は、油断できない病気なのです。
では、どのくらい高い場所から高山病になるのでしょうか?一般に高山病は標高2000m以上、多くは2,500m以上で発症します。しかし、いわゆる「高所」とは、標高が1,500m以上を指します。思ったより低いなーと思いませんか?これは、標高1,500m以上になるとヒトの体は酸素の少ない環境に適応しようという働きが始まるからです。標高1,500m以上となるとかなり身近ですね。多くの方が、知らないうちにプチ順応を行なったことがあると言えます。この順応のための主な働きが「低酸素換気応答」と呼ばれるもので、酸素を沢山取り込もうと無意識に呼吸の回数が増えるものです。
私たちの体は、素晴らしい適応能力を持っているんですね。

では、そんな体の機能があるのに、なぜ高山病になるのでしょうか。

①“酸素が少ないから高山病になる”、は間違い。
それはとてもシンプルな理由です。その素晴らしい適応能力が発揮される前に、どんどん標高を上げてしまうから高山病になるのです。そう、適応能力が発揮されるのには時間が必要なのです。つまり、「早く登りすぎる」ことが原因です。

②“酸素が少ないことに慣れていないから高山病になる”、が正解
聡明な皆様は、①が間違いで、②が正解であることに、合点がいったのではないでしょうか。皆さんの体の素晴らしい能力を、存分に発揮させる為に、ゆっくり登る登山をしましょう。

極高所とは5,800m以上のことを呼び、人が順応できない標高、とされています。中には、体質的に2000mでも高山病を起こしてしまうことがありますが、多くの場合は、ゆっくり登れば、5,000mまでは、薬も酸素もなく、ヒトは順応できるのです。つまり、高山病になり易い標高2500m以上の場所に行ってから気をつけるのでなく、標高が高い場所に行く場合は、もっと低いところから注意する必要があると言えます。