山岳医療救助情報 Mountain Medicine and Medical Rescue Information

登山に関連するCDCからの発信情報


登山活動や登山口や登山道の施設利用、山小屋の利用、テント場での生活、クライミングやボルダリングなど、自らの感染機会や他人への感染機会になることが、以下から読み取れます。

Centers for Disease Control and Prevention:CDC)(アメリカ疾病予防管理センター)は、米政府機関所管の感染症対策総合研究所で、 バイオハザードへの対策については、世界中がCDCを頼りにしています。非常に多くの文献やデータを元に勧告等を作成し、世界標準として参照・活用されています。そこからの抜粋です。

「公園やレクリエーション施設の訪問について」

しても良いこと
  • ・自宅付近の公園訪問やリクレーション(長距離の移動を伴わないこと)
  • ・6フィート離れること&家族以外の人と一緒に集まらない)

してはいけないこと
  • ・遊場の使用(用具などの清潔や消毒が困難なため)
  • ・組織的な活動や集まり(生活を共にしていない人の集まりは感染機会になる)
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/daily-life-coping/visitors.html?CDC_AA_refVal=https%3A%2F%2Fwww.cdc.gov%2Fcoronavirus%2F2019-ncov%2Fcommunity%2Fparks-rec%2Fvisitors.html


「病気にならないようにするには」

大小に関わらず、友人の家、公園、レストラン、商店、その他の場所で人が集まることは、私的公的ともに避けるように。(social distance)
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/prevent-getting-sick/social-distancing.html          

記事の引用に関して
当サイト内のコンテンツは、すべて著作権で守られています。
また命に関わる情報を含みますので、間違った解釈を招かないよう、無断での二次利用を禁止しております。
利用をご希望の場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください
引用の際には、著作物の題号や著作者名が明らかにわかる表示(サイト名・URL等)が必要です。
引用元のない利用を見かけた場合は、ご連絡ください。