山岳医療救助情報 Mountain Medicine and Medical Rescue Information

海外における山小屋再開事情 (スイス,ドイツ,オーストリア)

【スイス】 (スイス アルパイン クラブのhttps://www.sac-cas.ch/de/covidの発信内容を訳して紹介します)

2020年5月11日から、山小屋が営業を再開、山小屋業界コンセプトを公開しました。これは、山小屋滞在に関するリスク評価が基本となっています。このコンセプトの最終的な目標は、新型コロナウィルスの拡大を抑制または防止し、小屋の営業者(スタッフ)と登山者を感染からまもることです。

小屋の事情はそれぞれ異なる為、予防対策の構想も異なります。まずは、小屋に収容可能な客数を決定します。 スイス(および近隣諸国)のすべての山小屋では、次の基本ルールが登山者に適用されます。

  1. • 健康な状態でのみ小屋を利用する。
  2.   • 事前予約のみの宿泊。
  3.   • 持参するもの:寝袋、枕カバー、消毒剤、タオル、必要に応じてマスク。
  4.   • ゴミを持ち帰る。

「もちろん、山小屋は完全に以前に戻ることはできません。山小屋による感染対策の責任ある実施と、利用する登山者による指針の厳守を行うことで、

2020年夏にスイスの山小屋への訪問を妨げるものは何もありません。」

5月13日、スイス アルパイン クラブの理事会は、宿泊税と消費税について、今年は免税を決定しました。

注釈:スイスでは、アルパインクラブが多くの山小屋を営業しています。

PDFバージョンはこちら。



2010年9月 スイス、アローラにて撮影

【ドイツ】 (ドイツアルパインクラブの5月14日発信。) 段階的な山小屋再開

  1.  ・5月18日〜屋外施設のみ
  2.  ・5月25日〜屋内施設利用可能
  3.  ・5月30日〜宿泊可能

登山者が知っておくべきこと

  1.   – 基本的には、平地同様に、手洗い、ソーシャルディスタンス、接触に関する制限を適用。
  2.  - 通路と座席に印をつけて、全ての客の動きを規制, スタッフの指示にも従うこと。
  3.  - 小屋のスタッフは、全ての客の連絡先の詳細を記録し、緊急時に感染経路を追跡できるようにする。
  4.  - 全てのエリアにおいて、人との最短距離は1.5mを保つ(食堂、立ち上がったり座ったりするとき、廊下、部屋の全て。例外は、互いに接触を許可されている人々のみ。)
  5.  - 小屋は健康な状態でのみ訪れる
  6.  - 口と鼻の保護は必須です(屋内と屋外の両方) バフやスカーフで十分。
  7.  - 多くの小屋は、ソーシャルディスタンスの規制により、座席数を大幅に減らす必要があり、人気の小屋では、(食事など)待ち時間が長くなる。
  8.  - ハイカーは、小屋で食事等ができない場合に備え、十分な飲食物を用意する。

【オーストリア】

5月15日〜昼間の営業再開, 5月29日〜宿泊再開。以上。          

記事の引用に関して
当サイト内のコンテンツは、すべて著作権で守られています。
また命に関わる情報を含みますので、間違った解釈を招かないよう、無断での二次利用を禁止しております。
利用をご希望の場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください
引用の際には、著作物の題号や著作者名が明らかにわかる表示(サイト名・URL等)が必要です。
引用元のない利用を見かけた場合は、ご連絡ください。