山岳医療救助情報 Mountain Medical Information

雪眼

SNOW BLIND(雪眼炎)- ULTRAVIOLET KERATITIS(紫外眼炎)

紫外線による紫外眼炎は角膜(黒目を覆っている部分)の傷害に代表される。
角膜の炎症は、紫外線への強い曝露によりわずか1時間曝露されただけでも起こりうるが、症状があきらかになるには6時間から12時間かかる。

注:各波長成分は,同じ物理的強度であっても,有害性の強さが異なる.このため,紫外放射の有害性の強さは,一般に,その物理的強度で表すことができない.

【1】症状と兆候

  1. 眼痛–典型的には曝露から6時間〜12時間後に始まる
  2. 異物感、目の中のざらざらした感覚
  3. 羞明(強いまぶしさ)
  4. 流涙(多量の涙、涙が止まらない)
  5. 結膜の充血や浮腫み (結膜=まぶたの裏側や白目部分)
  6. まぶたの浮腫み
  7. 毛様充血(毛様=白目部分の中でも黒目の周囲)
  8. 通常、両側性

【2】治療

(注意:薬剤は医師の処方が必要ですが、特に★マークは医師不在時の使用はできません)

一般に24時間以内に自然治癒するが、疼痛と視界の制限を軽減する処置を行う

  1. 目をこすらないようにし、コンタクトレンズをしていれば外す
  2. 局所療法 点眼薬
     (1)抗生剤軟膏 エリスロマイシン0.5%など、1cm、8時間毎
     (2)非ステロイド性消炎鎮痛剤  1滴、8時間毎(6-12時間毎)
    ★(3)調節麻酔剤 アトロピン1%, 1滴、8時間毎
    ※麻酔薬の点眼は検査や診断目的に1回のみの使用とし、長時間の使用は角膜の再上皮化を妨げるので行わない。
    ※ステロイドの局所投与は、上皮修復を遅延させうるため投与しない
    ※人工流液は使用しない。効果が不明。
  3. 内服
     (1)疼痛が激し場合は、非ステロイド性消炎鎮痛剤を内服。
    ★(2)必要なら、麻薬性鎮痛薬も考慮。
  4. 退避
    医療介入が全く出来ないような野外や隔絶された場所にいる場合、下山する。
    緊急ではないため通常通りでよい。

【3】予防

  1. UVBを99%以上カットするサングラスを着用する。
  2. サングラスにサイドシールドをつけ、側面から進入する紫外線も予防する。
  3. 予備のサングラスを携行する。
  4. 何も無い場合は、当座のサングラス替わりになるものを作る。
    厚紙や段ボール、ダクトテープなどに細い水平のスリットを入れ、目を覆い保護する。
Wilderness Medical Society practice Guidelines for Treatment of Eye Injuries and Illness in the Wilderness 2012
Field Guide to Wilderness Medicine 4th edition, Paul S. Auerbach

より大城和恵が引用作成

記事の引用に関して
当サイト内のコンテンツは、すべて著作権で守られています。
引用をご希望の場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。引用元として当サイト名とURLを明示いただくことが条件です。また、一部のみを切り取って使用されることはご遠慮ください。